三一、並木(なみき)

 昔、並木に天狗と称する忍術者がいて、姿を隠して、時折往来の人々をなやまし、悪事を働いていたという。最後は子供の無邪気さに術が破れて、遂に囚われの身となったと言う。
その昔の並木は随分樹木も大きくその繁みも深かったに相違ない。

現在の並木 安楽寺から旧中山道を高崎方面へ